ライターの悩みは世界共通?アメリカで見つけた、仕事がはかどる無料ツール6選

いかに新しいアイディアを考え出し、効率よく記事を書くかということは、ライターのみなさんであれば常に意識していることではないでしょうか。

そのような努力は万国共通です。今回は、日本にくらべてフリーランスという働き方をしている人が多いアメリカのライターが、どのようなアプリやツールを駆使して仕事をこなしているか紹介します。

アイディアまとめツール

せっかく考え出したアイディアも、「あれ、どこにメモしたっけ……?」と忘れてしまった経験はありませんか? ここでは、アイディアを上手にまとめて保存できるツールを紹介します。

ポケット

pocket.png

ポケットは、「これは面白い!」と思った記事をひとつの場所に保存できる便利なツールです。パソコンやスマホのブラウザにプラグインとして埋め込むことができるので、毎回記事のリンクをコピペして保存したり、自分へメールしたりしなくてすみます。

pocket-2.png

また、ページをクリップする際にタグ付けをすることも可能なので、ポケットのアプリ内でキーワードを打ち込むことで関連するクリップ記事を簡単に見つけることも可能です。

トレロ

trello-1.png

トレロは、プロジェクトマネジメントが簡単にできる便利なツールです。このツールでは、大きく分けて「ボード」、「リスト」「カード」という3つを登録することができます。

たとえば、「ライターアイディア」というボードの中に「ブレインストーム中」「編集提出」「執筆中」など、いくつかのリストを作ります。そして、具体的なアイディアを書きまとめたカードを作成し、プロジェクトの進捗にあわせてカードを右へ左へと動かすことにより全体的なプロジェクト管理ができるのです。

trello-2.png    

それぞれのカードには、コメントはもちろん、どのクライアントへの記事なのかラベル付けをしたり、締め切りを付けたりすることもできます。つまり、このツールを使えばアイディア管理はもちろん、執筆終了までの全体的な管理も可能なのです。

効率性を上げるツール

効率性をあげることができれば、生産性もあげることができます。ここでは、効率性をあげることのできるツールを紹介します。

トマトタイマー

TomatoTimer.png

ポモドーロメソッドという集中力を高める働き方を知っていますか? 「25分仕事に集中し、5分休憩する」というシンプルなルーチンを繰り返すことで、集中力を持続させ、生産性を最大限に高めることができるというものです。

このトマトタイマーを使えば、ポモドーロメソッドに沿ったアラームをパソコン上で鳴らすことができます。集中する時間、休憩する時間にメリハリをつけることにより、だらだらしたり、頭を使いすぎて疲れたりすることなく仕事ができるようになるかもしれません。

コーヒーティビティ

coffitivity.png

図書館のような静かな場所ではなく、カフェなどで仕事をしたほうがはかどったという経験はありませんか? Coffitivityというツールは、まさに「コーヒー屋」にいるような「プロダクティビティ(効率性)」を与えてくれるツール。このサイト上では、「朝の雑音」、「ランチタイムのラウンジ」、「大学のカフェ」などの雑音を聞くことができます。毎日カフェに行ってはいられない忙しいライターの方は、ぜひ試してみてください。

ライティングツール

アイディア管理と効率性を高めるツールを整えたあとは、実際に書かなければなりません。ここでは、書くことに集中することのできるツールを紹介します。

ゼンペン

zenpen.png

Zen Penは、パソコン上でさまざまな誘惑に負けやすい人にとっておきのツールです。フルスクリーンで使えば、スクリーン一面が真っ白になり、ボタンなどが最小限のスペースで記事を書くことができます。

つまり、真っ白な「禅」スペースで作業ができるので、頭の中にも自然と「禅」がうまれて「ペン(筆)」もすすむということなのです。

グラマリー

grammarly.png

最後に紹介をするgrammarlyは、英語の記事を書く人にとっておきのツールです。スペルミスはもちろん、文法に間違いのある場所が赤く表示されるため、初歩的なミスを防ぐことができます。

このツールも、ブラウザにプラグインとして埋め込むことが可能ですので、いちいちグラマリーのプラットフォームを開かなくても使用することができます。英語の記事は書かなくても、メールやSNS上に英語でコメントをするようなとき、簡単に英語のチェックができるので試してみてください。

ここで紹介したツールは全て無料で使うことが可能です。特に、トレロは日常のあらゆるプロジェクト管理に使うことができるツールですのでお勧めです

 

著者プロフィール

著者アイコン
Story by A
ニューヨークを拠点とする異文化ジャーナリスト。メインは旅行や異文化交流、他にもデジタルマーケティング、美容、ライフスタイル、恋愛、子育てなど多岐に渡って執筆中。座右の銘は「今を生きろ」。世界5大陸全てに友達を持つことが自慢。世界各国にいる友達を少しずつ訪ね歩く記録を綴ったブログStorybya.comが近日公開予定。

 

関連記事