PENYAではライター、編集者を募集しています

kaboompics_Red_rowan_fruit_with_a_coffee_and_a_white_sheet_of_paper.jpg

PENYAではライター、編集者を募集しています。2017年も新規案件を多数ご案内中。仕事は在宅でOKです。あなたのスキルや専門知識を活かして、プロのライターとして活躍してみませんか?

応募を希望される方は、まずは下記のフォームにメールアドレスをご登録ください。採用についてのご案内メールをお送りします。

あなたが書いた文章で、企業のファンを増やす

PENYAの運営会社である株式会社イノーバは、記事コンテンツで企業のメッセージを届け、ファンを増やす「コンテンツマーケティング」の支援をしている会社です。

クライアントはIT、製造業、マーケティング・広告といった領域を扱うBtoB企業から、保険、美容、教育、家電などを商材とするBtoC企業まで、さまざま。あなたが執筆した記事が、有名企業の運営するオウンドメディアに掲載されます!

ところで、「コンテンツマーケティング」「オウンドメディア」という言葉は、普段あまり聞き慣れないかもしれません。でも、これらはいま世界中で注目を集めているマーケティング手法なのです。

その背景には、マス広告で商品を宣伝したり、営業マンが会社を訪問したりといったやり方だけでは限界が来ているという状況があります。どの企業も、消費者との関係をどう構築すればいいのか悩んでいます。そこで、「未来のお客様」にとって価値のあるコンテンツを発信することが求められているのです。

逆に言えば、いまほどコンテンツの作り手(ライター・編集者)が求められている時代はありません。専門的な知見をもとにした正確な情報を、場所や時間にとらわれずに発信できる人。PENYAでは、そんな新時代のライター・編集者を探しています。

現在、PENYAライター・編集者としてご活躍いただいているのは約3,000人。新聞や雑誌でバリバリ執筆されている方から、会社員の傍らご自分の知見をライティングに活かしている方、子育てをしながら編集者としてチームを統括している方まで、バックグラウンドは多種多様です。

在宅でのお仕事が基本となりますので、働いている場所も東京だけでなく大阪、京都、福岡など日本全国、それからニューヨーク、ミラノ、中国、インドなど世界各国にまで広がっています(みなさんの仕事の様子をご覧になりたい方は、PENYAの「ライター仕事場探訪」シリーズをチェックしてみてください)。

PENYAがご紹介するお仕事の内容

制作する記事

お役立ちコンテンツ

ご自身の知見や、Webリサーチをもとに執筆する記事です。読者にとって価値のある情報で、潜在的な顧客や既存の顧客との関係性を構築することが目的です。Web記事ですので、SEO設計を意識した記事がもとめられるケースが多くなります。

SEOの知見がある方は大歓迎ですが、ライティングスキルはあるけどSEOは詳しくない!という方にも、やり方を説明しますのでご安心ください。

取材コンテンツ

業界の著名人や、クライアントの社内の方にインタビュー取材を行って制作する記事です。コーポレートサイト向けの事例紹介なども含まれます。

ダウンロードコンテンツ

アンケート調査や、通常のお役立ちコンテンツよりも深いリサーチをもとにした、ダウンロード形式のeBook、ホワイトペーパーを制作する案件もあります。

これらはみな、イノーバが立案するコンテンツマーケティング戦略にもとづいて制作します。イノーバでの仕事を通じて、自然とWebマーケティング、コンテンツマーケティングの知見が身につくはずです。

制作体制

基本的にはディレクター(イノーバ)、編集者、ライター、校正士の4役で成り立つチームでお仕事を進めます。各プロフェッショナルが、自分の専門性を活かしてチームを組むことで、より質の高いコンテンツ制作を目指しています。

ディレクター― コンテンツの戦略設計、チームのアサイン、クライアントとのコミュニケーション

編集者 ― 戦略に基づいた記事の企画、テーマ出し、制作進行、記事の品質管理

ライター ー テーマ出し、記事の執筆

校正士 ― 記事の事実確認、文字校正

ニーズの高いジャンル

冒頭で申し上げたとおり、幅広い媒体を取り扱っておりますが、なかでもニーズが急上昇しているジャンルは下記になります。これらのジャンルに精通されている方は、ぜひ積極的にご登録ください!

  • IT・テクノロジー
  • 製造業・ものづくり
  • 投資・金融
  • マーケティング・広告
  • その他、BtoB領域全般

もちろん、このほかのジャンルでも大歓迎です。PENYAライター・編集者としてご登録いただく際に、プロフィール欄をご記入いただくことになります。チーム体制を組む際に、ディレクターがいちばん参考にするポイントですので、得意な分野を詳細にお書きいただけると採用の機会が増えると思います。

案件ご紹介の流れ

PENYAでは、ご登録いただいた方への直接のご依頼、もしくは案件ごとの公募による求人によってお仕事をご紹介します。

直接のご依頼

PENYAにご登録いただいたプロフィールをディレクターが拝見し、それぞれのライター・編集者のご経歴やスキルにマッチした案件をご紹介いたします。

案件ごとの公募による求人

案件開始時に、PENYAにご登録いただいているライター・編集者さん全体に向けて案件の概要や詳細な仕事内容、原稿料などの求人情報をご案内します。ご自分の興味がある案件にご応募ください。課題やご実績とともにご応募いただきます。記事ごとのコンペは基本的にはございません。

PENYAが求めるライター・編集者とは

求められるスキル

著作権や引用ルールの理解、クライアントやチームメンバーとのコミュニケーションなど編集者・ライターとしての基本的な知識やスキルは、すべての案件で求められます。

また、PENYAが扱う案件は、マーケティング戦略に基づいたメディアになるため、マーケティングや広報の知識がある方はお仕事がしやすいかもしれません。

バイラルメディアやキュレーションサイト、まとめサイトでは求められない深い知識やスキルが必要となるため、ライター経験の浅い方にとっては比較的ハードルが高いかもしれません。ただ、その案件で扱う分野に詳しかったり、業界で働いていた方が、ディレクターや編集者にサポートされながら、ライターとしてご活躍いただくケースも多数あります。

報酬

あくまでもだいたいの目安ですが、以下をご参考ください。実際は案件によります。

編集者

2,000〜10,000円/1記事

1つの案件で4〜15本程度の記事を制作します。

ライター

専門性がやや低い案件(Webリサーチ) ― 2,000〜3,000円/1記事(1,500字程度)

専門性がやや高い案件(Webリサーチ) ― 4,000〜6,000円/1記事(1,500字程度)

経験の長い方、取材記事 ― 10,000〜30,000円 /1記事(1,500字程度)

高名な方 ― 数万円〜/1記事(1,500字程度)

その他

特に英語(外国語)が堪能な方、インタビュー取材経験のある方は高単価の案件をご紹介できます。

プロとしてご活躍の方、副業でもすでにメディアでのプロライターの実績がある方、大歓迎。雑誌記者やWEBライターの方、お待ちしております! 

※メールアドレスを入力する欄が表示されない場合は、再読み込みを行ってください。

※応募から合格までの流れをまとめたマニュアル(PDF)をご用意しておりますので、ご参考になさってください。

★すでにご応募済みの方は、PENYAマイページにログインしてください。

また、メールアドレス送信後、48時間以上経過した方は、再度こちらからメールアドレスをお送りください。

よくあるご質問

応募に関するご質問

PENYAでのライターの仕事に興味があります。応募条件は何でしょうか?
PENYAでのお仕事が初めてでも、プロの方であればすぐにご活躍いただけます。応募条件は、紙媒体、WEBメディア、ブログ(個人可)で執筆経験があることです。
ライターとして他企業とも取引がありますが、かけもちでも可能ですか?
問題はございません。なお、記事の転売・転載は禁止となりますので、ご注意願います。
登録テスト課題はどのようなものが出されるのですか?
ご自身の専門分野、興味のある分野の記事の作成をお願いしております。詳しくは、ライター仮登録後に掲示される画面をご確認ください。プロライターの方はポートフォリオのご提出でかまいません(URL、PDFなど)。
課題の提出期限はどのくらいですか?
ライター仮登録後から、14日後の24時(日本時間)までとしております。
諸事情でテスト課題の提出が遅れそうな時はどうすればよいですか?
正当な理由で課題の提出が遅れそうな時は、事前にメールにてご相談ください。(ご連絡先:apply@innova-jp.com)
合否連絡はどれくらいかかりますか?
課題の確認・審査には、10営業日程度のお時間を頂戴しています。合否連絡はメールにてお送りします。
不合格になった場合はもう応募できないのでしょうか?
不合格の場合でも、1ヶ月以降であれば、別のテーマでの再挑戦も受け付けております。ぜひ再チャレンジしていただければと思います。
海外在住なのですが、どのようにご指導いただけますか?
ディレクターが、メール、Skype、マニュアルにてやりとりをさせていただきます。
どの程度までコピーやリライトは可能ですか?
無断転載、リライト、コピーアンドペースとは一切禁止しております。これらの行為が発覚した場合は、当月分の全納品物に対する報酬をお支払いしません。

コンテンツ執筆・報酬に関するご質問

企業HPやブログへ投稿する際は、匿名それとも実名でしょうか?
案件によっては記名のものもありますが、原則的に匿名とお考えください。
セミプロライター(副業)の場合の報酬が知りたいです。
マニュアルや記事テンプレート、編集者による内容チェックがありますので、安心してご活躍いただけます。報酬は案件ごとに定められていますので、そのつどご連絡いたします。
毎週継続してお仕事をいただけるということですか? それともご依頼のある際に、執筆させていただくということでしょうか?

クライアントから依頼のあった案件をご登録いただいた皆様にメールでご案内します。内容に応じて、簡単な課題を受けていただき、適性のある方に依頼いたします。

案件は基本的に一定期間継続してお仕事していただく案件が中心となります。スポットの案件もありますが、数は少ないのが現状です。

テーマを受け取り、記事を書き上げ、完了するまでにどのぐらいの日数をいただけるかを知りたいです。
通常は、週2本、週5本などとペースを決めて執筆していただきます。テーマをお伝えしてから納品していただくまでは5日〜7日程度とお考えください。
諸事情で納期が遅れる場合はどうすればよいですか?
必ず事前にご相談下さい。無断でスケジュールに遅れる場合は、報酬をお支払いしない場合があります。
納品が期日より遅くなってしまった場合は、ペナルティなどあるのでしょうか?
特にペナルティは設けていませんが、提出期限が守れない場合は、お仕事の継続が難しくなります。
納品物の提出は夜中でも大丈夫ですか?
メールでの提出は、24時間受け付けています。ただし、営業時間が平日9時~18時となっておりますので、ご連絡いただく時間によっては翌日以降の対応となります。
日本に銀行がない場合はどのような方法で送金する形になりますか?
日本に銀行口座がない場合は、Paypalでのお支払い(海外在住者のみ)に対応しております。その旨を請求書の「振込口座名」の欄に明記し、請求書をご送付ください。
Paypalで振り込んでいただいたのですが、手数料がかかっています。間違いではありませんか?
報酬をPaypalで受け取られる場合、Paypalの仕様上ご請求金額から手数料(受取者負担)が引かれます。例えば、30万円までの支払いを米国ドルで受け取られる場合、お支払い金額の3.9% + $0.30 USDの手数料がかかります。(受取国によって変動)
報酬における消費税の取り扱いはどのようになっていますか?
消費税は、弊社がライター様にお支払いする形になります。詳細は、税務署などにお問い合わせください。
源泉徴収票は送ってくれますか?
雇用関係がないため、源泉徴収票はお渡ししていません。確定申告で必要な場合は、毎月発行して頂く請求書の控えと、口座の入金記録があれば確定申告には不備はないかと思います。詳細は、国税庁や税務署にお問い合わせください。
源泉徴収ってなんですか? 海外居住者にもかかるのでしょうか?
イノーバが皆さんに代わり、当該所得について、日本国に納税するのが源泉徴収です。海外居住者の方も一律 10.21%の源泉徴収をお願いしております。「海外居住者は非課税なのでは?」というお声もいただいておりますが、「日本国内で発生した所得」に関して は、海外居住者の方でも課税の
対象となります。※ 「源泉徴収税率は、報酬・料金の源泉徴収(原稿の報酬) = 10.21%」 を適用しています。

【ご参考】原稿料や講演料等を支払ったとき|源泉所得税|国税庁

報酬はいつ振り込まれますか?
月末締めの翌々月5日までのお支払い(指定口座またはPaypal)となります。 (例:5月1日〜31日納品分→6月10〜17日に請求書発行→お支払日7月5日)
確定申告は必要ですか?
イノーバが源泉徴収をしているので、イノーバからの支払いについては、確定申告は不要です。

休止・辞退に関するご質問

出産を控えています。出産予定日の前後でお休みをいただくことは可能でしょうか?
出産のように正当な理由がある場合は、一定期間お休みを取っていただくことは可能です。お休みの1ヶ月前までをめどにご相談ください。
インフルエンザ等の急病、身内の不幸などがあった際はどのように対応をすればよろしいでしょうか?
この場合はご連絡を頂き、状況に応じて対応させていただくことになります。
長期で旅行に行く予定があります。この場合はどうすれば良いのでしょうか?
1ヶ月前までにご相談をお願いします。前もって休暇期間分の記事を書いていただくか、他のライターさんにお願いするなど、状況ごとに対応させていただきます。
事情により辞めることになった場合は、どれくらい前までに言わなければいけないのでしょうか?
原則辞退を希望される日の1ヶ月前をめどに担当者までご連絡ください。1ヶ月以上前でも予定が決まりましたら、できるだけ早めにお伝えください。
一度ライターを辞退した場合、復帰をすることは可能でしょうか?
新しい応募はいつでも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ライター、編集者の採用希望の方はこちらから。