WRITER & EDITOR COMMUNITY

PENYA

「書く」を仕事に。PENYAの仲間になりませんか?

CBCE283969.jpg

PENYAは、「書く」ことを業とする人々のコミュニティです。

しかし長年、「書く」を仕事にすることは“ほんの一握りの”人々に限られていました。作家、エッセイスト、新聞記者、雑誌のライター。専門スキルとセンス、あるいは運を持った、“選ばれし人々”です。


ネット黎明期から時を経て、アロファブロガーなるものも登場しました。とはいえ、生活を営むだけの収入を得られている人は、どれくらいいるでしょうか?


やがて新聞や雑誌の販売部数は激減し、プロの物書きですら将来が危ぶまれる……という声もあがるようになりましたが、同時に起こったのがWEBメディアの台頭です。紙媒体は役目を終えつつあっても、人と人とを繋ぐのは“文字”です。コミュニケーションツールは軽量なデバイスに代わり、そこの主役となるのは“文字”。担い手は、物書きです。


人が人である限り、物書きの仕事はなくなりません。つまり、ライターの活躍ステージが減るどころか増えるということ。WEBメディアでの主役はライターであり、情報収集と選択のスキルがあり、最新ガジェットを軽やかに使いこなし、場所や時間に捕われることなく発信できる人。
PENYAでは、そんな新時代のライターを求めています。そして、世の中に溢れる数多の情報をふるいにかけてディレクションできるエディターを渇望しています。

フリーランサー、ノマドワーカーは、自由の身であるがゆえに孤立しがちであるともいえます。そこで、PENYAが、ライター、エディターのみなさんのコミュニティの役割を果たせればと思っています。


新時代の物書きに必須のスキル、フリーランサーとしての生き方、SNSの使いこなし方など、役立つ情報を発信します。ときには、筆を休めるための小ネタもお届け。また、記事を介してのコミュニケーションに留まらず、セミナーやイベントも開催予定です。

“物書きのたまり場”として活動するPENYAに、ぜひご注目ください。

 

PENYAのエディター、ライターへの応募はこちらから!

 ライター登録151004.png