フリーランサー同士の結婚はうまくいくのか?

ごきげんよう。

ライターの桜井です。

フリーランサーや個人事業主として働いているお相手との結婚を考えたことはありますか? フリーランサーや個人事業主は収入が安定しにくいものですが、そのような人同士が結婚するとどのようなことがおこるのでしょうか? ライター、デザイナー、SEなどが結婚した場合、生活のなかで起こるかもしれないトラブルとトラブルを回避する方法について解説します。

ライター×デザイナーの夫婦

まず、夫婦ともに文芸や芸術関係に携わっているフリーランサーの結婚相性について。たとえば、ライター×デザイナーのカップルだとどのようなことが起こるのでしょうか?

この組み合わせは、仕事の価値観も似ているため、恋人としては楽しい恋愛ができる可能性が高いです。

でも、現実の結婚生活となると、どうなのでしょうか?

結婚となれば、まずは住むところを用意しないといけません。

ライター×デザイナーの夫婦がまずぶち当たる壁は、住宅ローン問題でしょう。

フリーランサーが住宅ローンを締結するためには、最低でも3年分の確定申告書を提出する必要があります。確定申告書を見て、返済能力があるか判断します。

ライターやデザイナーといった人気や世間の趣味趣向に左右される商売で、また基本的には企業から業務委託契約で仕事をするため、収入が不安定になりがちです。社会的信用度の問題がいろいろな場面で立ちはだかるでしょう。

理想は、夫婦のどちらか、もしくは両方が以下の条件のどれかを満たしていることです。

  • 著名人
  • 紙の書籍を出版したことがある
  • 連載を多数持っている
  • 業界へのコネクションがある
  • 極めて秀でた特技がある

など。

以上のような強みがあれば、結婚した後も仲睦まじくいられるでしょう。

SE×不動産オーナー

専門技術を持ったSEと賃貸経営で収入を得る不動産オーナーの組み合わせの場合、金銭的には安定していることが多いです。自分が物件を所有しているのですから、住宅ローンの心配もいりません。

しかし、問題になってくるのが、保育園に子供をあずけられるかどうか、といった点です。
SEも不動産オーナーも、在宅勤務が可能な職種です。特にSEはそうでしょう。最近は待機児童が社会問題になっており、自宅で仕事ができる環境にいる人は、保育園に子供を預けることがなかなかできません。「あなた、家で仕事できるんだから、保育もできるでしょう。わざわざ保育園に預けなくていいでしょ。外で働いているママに譲ってあげて」といった風潮が存在しています。

だから、SE×不動産オーナーのカップルの場合は、経済的に余裕があるならばいっそのことベビーシッターを雇いましょう。

通訳×タレント

続いては、語学のプロフェッショナル通訳と人気商売であるタレントの組み合わせです。

このカップルの場合、視野も広く個性も強く、職業柄一般とは違った考え方をする傾向がありますし仕事で海外に行く機会も多いですから、住宅ローンや保育園といった事柄に対しては、それほど気にしない可能性があります。

しかし、問題は生活リズムの違いです。仕事があれば忙しく外へ出かけまわり、一方で仕事がなければ家にいる、という極端な商売ですから、仕事が軌道に乗れば乗るほど結婚しているとしても顔を合わす機会が減っていきます。別居婚状態になってしまう場合もあるでしょう。

だからこそ、すれ違いが起きないように、どんなに忙しくても週に1回は独身の恋人時代のようにデートをしておくことをおすすめします。

結論としてフリーランサー同士の結婚って大変ってこと?

さて、ここまでご紹介し、「フリーランサー同士の結婚ってうまくいくの? いかないの? どっちなの?」とヤキモキした方もいらっしゃるかもしれません。

結論としては、フリーランサー同士の結婚は難事が多いかもしれません。ですから、できることなら、一方がフリーランサーの場合、もう一方は会社員や公務員、もしくは企業の社長、役員である方が、何かと楽だと思います。

しかし、好きな人とでないと結婚はできませんよね。
だから、もしあなたがフリーランサー、そして好いた相手もフリーランサーで両者が結ばれた場合は、結婚をした後も仕事に専念しましょう。お互いを高めあえる素敵な夫婦を目指しましょう。

 

著者プロフィール

著者アイコン
桜井
あなたはこの世の中が上品で色っぽく美しい人ばかりになったら、素敵だと思いませんか? 毎日がトキメキに溢れていて道を歩くだけでハッピーになれるのではないでしょうか。だから、私は世界中の人々を妖艶にしたいという気持ちで記事を書き、仕事をしています。
1番の得意ジャンルは心理に関することで産業カウンセラー養成講座も修了しました。ほか、恋愛相談や転職支援、海外サイトの翻訳、金融関連も書いてます。

 

関連記事